クイックスタート

このクイックスタートでは、コードの集まりからの洞察を収集し、どのようにするかを学びます。

要件

  • Gin を利用するには Go 1.9 以上が必要です。

Go 1.7とGo 1.8は、まもなくサポートされなくなります。

インストール

Gin をインストールするには、まず Go のインストールおよび Go のワークスペースを作ることが必要です。

  1. ダウンロードしてインストールする
$ go get -u github.com/gin-gonic/gin
  1. コード内でインポートする
import "github.com/gin-gonic/gin"
  1. (オプション) net/http をインポートする。http.StatusOK のような定数を使用する場合に必要です
import "net/http"

Govendor のような vendor tool を使う

  1. go get govendor
$ go get github.com/kardianos/govendor
  1. プロジェクトディレクトリを作り、cd で中に移動する
$ mkdir -p $GOPATH/src/github.com/myusername/project && cd "$_"
  1. vendor tool でプロジェクトを初期化し、Gin を追加する
$ govendor init
$ govendor fetch github.com/gin-gonic/gin@v1.3
  1. 開始用テンプレートをプロジェクトディレクトリにコピーする
$ curl https://raw.githubusercontent.com/gin-gonic/examples/master/basic/main.go > main.go
  1. プロジェクトを実行する
$ go run main.go

Getting Started

Go のコードを書いて実行する方法がわからない? ここをクリックしてください.

まず、example.go を作成します。

# 後述のコードが、example.go のファイルにあるとします。
$ touch example.go

次に、下記のコードを example.go に書きます。

package main

import "github.com/gin-gonic/gin"

func main() {
	r := gin.Default()
	r.GET("/ping", func(c *gin.Context) {
		c.JSON(200, gin.H{
			"message": "pong",
		})
	})
	r.Run() // 0.0.0.0:8080 でサーバーを立てます。
}

そして go run example.go でコードを実行します。

# example.go を実行し、ブラウザで 0.0.0.0:8080/ping にアクセスする
$ go run example.go